【写真入りで解説】ジョン万次郎生家への行き方

こんにちは。RYOです。

日本で初めて英語を話したと言われる、高知県出身の偉人ジョン万次郎。

高知県土佐清水市にあるジョン万次郎の生家への行き方についてまとめまたよ。

ジョン万次郎とは

f:id:kafungakowai2nd:20170820010908j:plain

ジョン万次郎さんについて簡単に説明しますね。

1827年高知県土佐清水市中の浜出身。
14歳の時に漁師として沖に出ている時に嵐に遭遇。
仲間と共に無人島に漂着。
143日間の無人島生活の後、たまたま通りかかったアメリカの船に拾われその後、約10年間をアメリカで過ごす。
当時日本が鎖国をしていたので、すぐに帰ることができず帰国が10年後になったみたいです。

アメリカで暮らしている間に英語を習得し、帰国後は英語が話せる日本人として徳川幕府につかえました。
その後明治になって、今の東京大学にて英語教授に任命される。

晩年は東京で静かに暮らし72歳で死去。

あの坂本龍馬も中浜万次郎から聞いた世界の話に影響を受けたと言われてる。
また、アメリカの様々な文物を紹介し西洋知識を貪欲に吸収しようとしていた幕末の志士や知識人達に多大な影響を与えています。

ジョン万次郎について詳しく知りたい方はこんな本もあります。

ジョン万次郎生家

今現在、建っているジョン万次郎生家は復元されたもの。
募金などで集めたお金で再建されたよう。
だけど、現存している生家の写真をもとに設計された茅葺きの木造平屋となっています。
なので、ジョン万次郎が住んでいた本物の生家とほぼ同じ作りになっています。
平成22年10月31日に完成して、平成22年11月1日より無料で公開されているから誰でも見れるよ。

ただし開館時間があるので注意!

見学可能時間:8:00~18:00
入場: 無料
定休日:無休

お問い合わせ先の住所になります。
TEL:0880-82-9027
中浜区長場
高知県土佐清水市中浜252-5

ジョン万次郎生家への行き方

まず最初に注意点

ジョン万次郎生家へ行くには、 基本的には土佐清水市の中の浜という場所を目指して行くことになります。
ここで注意なんだけど、

※高知市からだと自家用車、公共交通機関どちらを使っても確実に3時間くらいはかかるんで注意してください。

特に高知市内で宿を押さえている場合は、移動のみの往復で5時間以上はかかるから、それを考えた上で向かうかどうか考えてね。
もし可能ならば近くで一泊するつもりで来た方がいいと思います。

自家用車またはレンタカーの場合

高知市〜土佐清水市

高速道路を利用した場合は高知県に入った後は、そのまま高速の降り口まで向かう。

高知市内への入り口を通り過ぎた後、約1時間くらいで終点にたどり着くよ。

四万十町中央出口です。
必然的に降りきゃいけないので、大丈夫だと思う。

あとは、四万十市方面へ向かいます。(国道56号線)
四万十市に入った後は、321号線を通って土佐清水市に向かう。

一般道を使う場合は、国道56号線を使って西へ向かいます。

その道を道なりに走っていけば四万十市まで行けるから、一般道でも難しくないですよ。

一般道を使うなら一つポイントだけど、須崎市という町から高速道路が無料区間になるから(終点まで)それは使った方がいい。

高速を降りたあとは、四万十市方面へ向かう。(国道56号線)
四万十市に入った後は、321号線を通って土佐清水市に向かうよ。

土佐清水〜中の浜

四万十市から土佐清水市の市街地まで、だいたい40分前後。
土佐清水市街地に入ると国道321号線と27号線に別れる交差点がある。

T字路になってます。
ここで321号線とはお別れで、27号線(足摺岬方面)へ向かいます。

すると1キロも進まないうちに、2手に別れている交差点が立て続けに2回出てきます。

ここは2回とも右折です。

f:id:kafungakowai2nd:20170822170552j:plain f:id:kafungakowai2nd:20170822170612j:plain

10分ほど進んでいるとジョン万次郎の看板が右手に見えてくるから、そこで右折。

f:id:kafungakowai2nd:20170822170621j:plain

右折したら下り坂になってるんだけど、突き当たりまでいって、そこを右折。

右折して数十メートル進むと、次の駐車場の写真のような景色が見えて来るからここが目的地。

駐車場について

駐車場はないので、適当に車を停めて大丈夫です。

f:id:kafungakowai2nd:20170822170635j:plain

車から降りたあとは近くに看板がありますので、指示通りに行けば到着です。

公共交通機関で行く場合

公共交通機関だと、高知市内からは電車とバスを使って行くことになる。
今回は高知市を起点に考えますね。

まず、高知駅から電車に乗って中村駅(四万十市)まで向かう。(約2時間ほど)
必ず特急に乗ること!

その後、中村駅から高知西南交通バスに乗り換えて中の浜を目指します。
土佐清水方面行きへ乗る。
またバス・電車ともに平日と土日祝日のダイヤが違う場合があるので、注意が必要してくださいね。

もし、公共交通機関でここまできた場合は、近くで一泊することをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?

「【写真入りで解説】ジョン万次郎生家への行き方」

他にも高知県や、幡多地域に関する記事を書いてるんで旅の参考にしてみてください。